So-net無料ブログ作成
<お知らせ>
コメントを承認制にしました。
コピーライト情報等、記載すべき内容を思うところに記載できないジレンマがあって、そのままにしていたのですが、いろいろ問題があるので引越しを画策中デス
大奥を考えながら・・・第3回 [小ネタ]
大奥女性の身分と立場
御台所

大奥一の女主であり主宰者でもあるのが、将軍正室である「御台所」である。御台所は、公家・宮家・天皇家から迎えるのが慣例となっていた。11代将軍徳川家斉御台所・広大院と13代将軍徳川家定御台所・天璋院の2人は、どちらも島津家出身であったが、近衛家に養女となった上で輿入れしたため形式的には例外はない。

江戸時代初期においては大抵の場合、御台所は形式上の主宰者であった。例えば、3代家光夫人・鷹司孝子は夫との仲が極めて険悪で、正式に「御台所」と称することのないまま、結婚後程なくしてその居所を本丸から中丸に移され、大奥の実権はもっぱら春日局らが握っていた。その立場に変化が現れたのは、6代将軍徳川家宣の時代で、家宣が、御台所・天英院の父・近衛基煕を儀礼指南役として重用し敬意を表した事で、幕府役人はもちろん、大奥の儀礼も整えられた。それによって御台所の立場は不動のものとなったが、約100年もの間、御台所不在の期間が続き、その間は先代将軍の正室や将軍子女らが、大奥を主宰した。

生前に官位を賜ったのは

・4代家綱正室の浅宮顕子女王(従三位)
・6代家宣正室の近衛熈子(従一位)
・10代家治正室の五十宮倫子女王(従三位)
・11代家斉正室の近衛寔子(従一位)
・12代家慶正室の楽宮喬子女王(従三位)
・13代家定正室の近衛敬子(島津篤子)(従三位)

の6人だけで、世嗣となる子供を産んだのは2代秀忠正室のお江与の方だけである。御台所は自らの夫が亡くなった場合は落飾して本丸から退き、西丸に移って将軍の菩提を弔いながら余生を過ごした。

側室
将軍の側室は基本的に将軍付の中臈から選ばれる。将軍が目に適った者の名を御年寄に告げると、その日の夕刻には寝間の準備をして寝所である「御小座敷」に待機していた。御台所付の中臈が将軍の目に適った場合は、将軍付御年寄が御台所付御年寄に掛け合って寝間の準備が行なわれた。

寝間を終えた中臈は「お手つき」と呼ばれ、懐妊して女子を出産すれば「お腹様」(おはらさま)、男子を出産すれば「お部屋様」(おへやさま)となり、ようやく正式な側室となる。さらに我が子が世子となり、やがて将軍ともなれば、落飾した側室でも将軍生母として尼御台(あまみだい、落飾した御台所)をはるかに凌ぐ絶大な権威と権力を持ち得た。五代将軍徳川綱吉の生母・桂昌院はその最たる例で、公家の女子を除いて存命中の女性としては史上空前絶後の従一位に叙せられている。

しかし側室や将軍生母の力は時代が下るとともに低下していった。江戸時代後期になると、側室はたとえ我が子が将軍世子であっても自身の地位は一介の女中のそれと同等にとどまり、我が子が将軍になって初めてお上(おかみ、将軍)の最近親として礼遇された。その他の側室は二丸御殿や桜田御用屋敷で静かに余生を過ごした。

大奥女中
大奥に住む女性たちの大部分を占めていたのが女中たちであった。ちなみに幕府から給金を支給されていた女中たちすべてを「大奥女中」と言い、実際には将軍家の姫君の輿入れ先や息子の養子先の大名家にも存在していたという。女中の人数は最盛期で1000人とも3000人とも言われる。

女中は基本的に将軍付と御台所付の女中に大別されているが、役職名は殆ど同じである。ただし、格式や権威に関しては将軍付の方が高かった。また、特定の主人を持たない女中たちを「詰」と呼んだ。
奥女中のうち、上臈御年寄から御坊主までがお目見え以上と言い、将軍と御台所への目通りを許されていた上級の女中たちである。女中たちのお禄(手当)は主に切米、合力金、扶持(月々の食料)、湯之木(風呂用の薪)、五菜銀(味噌や塩を買うための銀)、油などの現物が多かった。また御年寄になると町屋敷が与えられることもあった。

奥女中には通常旗本や御家人などの武家出の女性が雇用された。しかしそれも建前で、時代が下るにつれて裕福な町人出の女性が「行儀見習い」目的に奉公に上がることが多くなる。町人の場合、初めの頃こそは親戚や知り合いの先輩女中の口利きを頼ったり、旗本や御家人の家へいったん養女入りしたりという、迂遠な根回しや手続きを経て大奥入りしたが、後代になって武士と町人の経済力が完全に逆転すると、今度は旗本や御家人の方から持参金付き養女縁組みの話を持ちかけてくることも珍しくなくなっていった。

「大奥総取締」
大奥を舞台にした小説・舞台・映画・ドラマなどでよく登場するのが、「大奥総取締・〜〜にござりまする」というあの場面。特に近年の映画やドラマではこれをよく耳にするようになった。このため「大奥総取締」は大奥を語る上での不可欠な役職だと思われがちだが、実はそうした名称の役職は大奥に存在しなかった。ではこれがまったくの創作上の代物なのかというと、実はそうでもない。大奥にはどの時代にも奥向き一切を取り締まることを任された取締役の女性が存在したからである。

大奥は時代が下るにつれて規模が肥大化し、それに伴って数多くの役職が置かれていったが、その頂点に立つのが上臈御年寄や御年寄といった取締役(統括管理職)だった。しかしそもそも大奥とは将軍の私的な生活の場であり、将軍とは江戸城における絶対権威者である。いかに大奥が取締役の職掌を制度上定めたとしても、その実際の運用にあたっては結局のところ「お上のご寵愛」という、将軍個人の極めて私的な感情によって左右される要素が介在することを排除できなかった。したがって時代によっては、時の将軍が最も信頼する乳母や側室などが、その将軍の絶対権威のみを背景に、奥向き一切を取り仕切っていた場合もあったのである。これは御鈴廊下を隔てた表向きにおいて、大老や老中といった幕府の機構上の最高責任者がいても、時代によっては将軍が最も重用する御側用人がその将軍の権威のみを背景に幕政の諸事万端を司っていたことがあるのと同様である。

さてFFです(゚Д゚)

仕事の時間ではありません。
バージョンアップの詳細がいろいろ発表されてました。ご他聞にもれず、一番気になるのはジョブ調整ですが・・・・また大胆にいじってきました。自分に関係ありそうなところをピックアップしてちょっと考えてみました。

・神聖の印(ナイトLv78 使用間隔:10分 効果時間:1分)
 次の神聖魔法の命中率が大幅にアップし、敵対心アップの効果を得る。


アルタナの女神よ…わが力となりて敵を撃ち滅ぼさん!
聖なる矢!ホォォォォォォォォリィィィィィィィィィィィィィィwwwwwwwwww

うん、きっとこんな感じ(゚Д゚)

・ネザーヴォイド(暗黒騎士Lv78 使用間隔:5分 効果時間:1分)
 次に唱える暗黒魔法の吸収量がアップ。


ドレイン2に使って、HP増やした後に暗黒を使うとどえらいことになりそうです。

主にガルカが(゚Д゚)

・先義後利(侍Lv77 使用間隔:3分 効果時間:1分)
 次のウェポンスキルが起点となる、連携とマジックバーストにボーナスを得る。


「義」は人として当然あるべき道の意味で「利」は利益のこと。道義を優先させ、利益を後回しにすることで「義ぎを先さきにして利りを後あとにす」と訓読する。
読み方は「せんぎこうり」です。
なんとも侍らしいアビで、黒のMBボーナス特性と併せると脳汁が出そうな感じです。

そして黒タルのレベルが下がるわけですな(゚Д゚)

・二重(忍者Lv77 使用間隔:3分 効果時間:1分)
 次に唱える遁術にボーナスを得る代わりに、触媒をふたつ消費する。


遁術のボーナスってなんじゃろう(´・ω・`)?
ダメージだったらMBボーナスと絡めて・・・メリポ遁術必須になるのかなああああ?
個人的にはレジダウンの効果が倍増とかがいいなぁ。

でも誰も気付いてくれない(゚Д゚)

・ボルターズロール(コルセアLv76)
 範囲内のパーティメンバーの移動速度をアップ。

・キャスターズロール(コルセアLv79)
 範囲内のパーティメンバーのファストキャストの効果をアップ。


なんとなくFCアップはやばい気がしてます。
ジョブボーナスみたいな部分がどうなるのか気になりますが、出た目で効果は変わるでしょうからそっちのほうが気になる感じです。そして、今まで以上に出た目に対する視線が痛い気がしますヨ!

不具合臭がプンプンするにゃー(゚Д゚)

・プレスト(踊り子Lv77 使用間隔:15秒 効果時間:30秒)
 次のステップの効果とフィニシングムーブにボーナスを得る。

・ディバインワルツII(踊り子Lv78 使用間隔:20秒)
 範囲内のパーティメンバーのHPを回復。
・C.フラリッシュ(踊り子Lv80 使用間隔:90秒)
 クリティカルヒットが出る状態にする。フィニシングムーブが1つ以上必要。


ディバインワルツⅡ以外の使い方がわかりません!

不具合臭がプンプンするにゃー(゚Д゚)

・侍のジョブアビリティ「石火之機」の習得レベルを60→40に引き下げます。
・コルセアのジョブアビリティ「ダブルアップ」について、出た目の合計がXIとなった際にロールの効果時間を10分に延長します。
・踊り子のジョブアビリティ「ケアルワルツ」が、パーティメンバー以外にも使用できるようになります。
・踊り子にジョブ特性「二刀流」が追加されます。レベル20で習得して以降、段階的に効果が上昇していきます。


踊り子はコレ純然たる強化と思えますねー。特に二刀流は、サポ忍のままな気もしますが自力で効果を1段階アップできそうなのがすばらしいです。

石火之機などくれてやる!使いこなせるならね!
現状、暗黒騎士をサポ侍で使ったりしますが、使いこなせる気がしません。正直・・・黙想で最大160もTPがたまることと、ひとつの武器でレベル3の連携を出せる侍だからこそのアビなもんで、そこまでTPをためる気がしません。例外があるとすればコンテンツ関連で強いNMと対峙する場合に開幕で使う感じかなー?

実は、一番怖いのはコルセアのXIだした時の効果時間アップでして・・・
もしかしたらロールも効果時間の短いほうが上書きされるのであれば、前後でエボカーとかを掛け分けた場合に、XI出たほうと出ないほうで効果時間が変わってくるんですが、自身のロールが上書きされないので、先に掛けたほうがきれちゃってもロールできなくなっちゃうんですよ(´・ω・`)
自分にかかってるロールは実行できない上に手動で消すこともできないので、こまったにゃーw



特性と魔法の追加に関しては、もはや頭がスポンジ状態なのでまた後で・・・w

コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。