So-net無料ブログ作成
<お知らせ>
コメントを承認制にしました。
コピーライト情報等、記載すべき内容を思うところに記載できないジレンマがあって、そのままにしていたのですが、いろいろ問題があるので引越しを画策中デス
大奥を考えながら・・・・・第2回 [ツロガネーゼ青春茶番劇]
◆構造

江戸城内曲輪は、本城(本丸、二の丸、三の丸)、西丸、紅葉山、吹上御庭、西丸下で構成されていた。
この内、大奥が置かれたのは本丸、二丸、西丸の3つの郭である。
本丸は将軍夫妻、二丸は将軍生母やかつての将軍仕えていた側室、西丸は世嗣夫妻や大御所夫妻が住まいとしていた。
但し本丸の非常時には、二丸や西丸が代わりとして機能した。

本丸御殿は、先述したように表、中奥、大奥に区分されている。
この内、表と中奥は一続きの御殿であった。
しかし大奥は表・中奥御殿とは切り離されており、銅塀で仕切られていた。
中奥と大奥を繋ぐ唯一の廊下が、御鈴廊下である。
将軍が大奥へ出入りする際に鈴のついた紐を引いて鈴を鳴らして合図を送り、出入り口である「御錠口」の開錠をさせていた事からこの名が付いた。
後に火事等の緊急事態を想定して作られたのが「下御鈴廊下」であるとされている。

大奥は大別して広敷向・長局向・御殿向に区画される。

広敷向
 広敷は大奥の玄関口である。
 広敷には男性の広敷役人(広敷用人)がいたため、御殿との間の錠口、長局との間の七ツ口によって仕切られていた。
 七ツ口は、女中たちの部屋方や商人たちが用いていたが、七ツ時(午後4時)に閉められたためにこの名が付いた。

御殿向
 将軍の寝所である御小座敷、御台所居所、「千鳥之間」、「呉服之間」といった大奥女中詰所などがあった。
 御台所の居所は、時代によって「松御殿」、「新御殿」などと呼ばれていた。
 歴代将軍の位牌がある「御仏間」や「御対面所」も、御殿にあった。

長局向
 奥女中たちの2階建ての居所である。
 一之側から四之側までの4棟に加え、東長局、御半下部屋があり、格式に応じて一之側が上臈御年寄や御年寄、二之側、三之側がその他のお目見え以上の女中、四之側がお目見え以下の女中たちに配分された。

以上Wikipediaより転載

とにかく身分で徹底的に区分けされて、無駄な争いが起きないようになっているようです。
某ドラマのような諍いはそうそうないような感じですね。



















さて、仕事に戻るか( ゚д゚)

コメント(2) 

コメント 2

しゃけ

大奥!!って響きにエロさを感じるのは何ででしょうかねえ
by しゃけ (2010-05-12 14:48) 

あれびあ

煮え切らないからじゃね?
by あれびあ (2010-05-12 18:13) 

コメントを書く

お名前:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。