So-net無料ブログ作成
<お知らせ>
コメントを承認制にしました。
コピーライト情報等、記載すべき内容を思うところに記載できないジレンマがあって、そのままにしていたのですが、いろいろ問題があるので引越しを画策中デス
大奥を考えながら・・・ [ツロガネーゼ青春茶番劇]
大奥(おおおく)とは江戸城に存在した将軍家の子女や正室、奥女中(御殿女中)たちの居所のことである。

◆沿革

初代将軍・徳川家康の時代から、江戸城に「大奥」と呼ばれる区画は存在していた。
しかし当時は、政治を行う場である「表」と、城主とその家族の私的な生活の場である「奥」の境界が存在していなかった。
この境界が江戸城に現れたのは、元和4年(1618年)年、2代将軍・徳川秀忠の時代、「大奥法度」を制定した時である。
以後、本丸は幕府政庁の「表」、将軍が政務を執る「中奥(奥)」、将軍の私邸「大奥」に区分された。3代将軍徳川家光乳母・春日局によって組織的な整備がなされていき、こうして現在知られる形の大奥に整えられていった。

慶応4年(1868年)4月、江戸城の明け渡しが決定された時に、大奥は終焉を迎える。
開城に伴い、同年4月9日(旧暦)、14代将軍徳川家茂正室・静観院宮と同生母・実成院は清水邸へ、翌10日には、13代将軍徳川家定正室・天璋院と同生母本寿院が一橋邸へ引き移った。
4月11日、海江田信義、木梨精一郎、水野彦三郎、渡辺清の4人が新政府代表として大手門より入城し、江戸城の引渡しを終了させた。

Wikipediaより転載







さて、仕事に戻るか・・・・・(´;ω;`)

コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。