So-net無料ブログ作成
<お知らせ>
コメントを承認制にしました。
コピーライト情報等、記載すべき内容を思うところに記載できないジレンマがあって、そのままにしていたのですが、いろいろ問題があるので引越しを画策中デス
流されてゲーム道 [ツロガネーゼ青春茶番劇]
セレブの集まる住宅街「臼金」そこに住むお嬢様ヨッスィとお坊ちゃまミッチョンとニカチョ。
ヨッスィヨッスィは大手家電メーカー「土金城電気」の社長令嬢で、なぜか今では自由奔放にギャルゲーメーカーで働いてます。
ミッチョンミッチョンは「私立瀬久原総合病院」の跡取らない息子、現在某国軍事基地で働く特殊な公務員。上司の名前はスティーブ。
ニカチョニカチョは「臼金グループ」会長のお孫さん、現在バカレンジャー。

そんな3人とあれびああれびあの気ままで無計画だったあのころの茶番劇。

4人が通うミッションスクール臼金学園は幼稚園から大学までエスカレーター式の私立の学校です。
幼稚園~初等部はみんな同じ学校でしたが、中等部から男女別々の学校になります。
今思うと不思議な学校です・・・不思議な学校に通ってるので不思議な人格になったのかもしれません。
20090423_00.jpg
こんな感じに構成されてます。
ミッションスクールということですが、別にキリスト教信者の集団ではありません。
よく誤解されますが、教えに沿った教育というのもほとんどありませんが、ゼロでもありませんので、信者の集団と思われがちですが、実際に洗礼を受けている生徒はごくわずかです。

ちなみに・・・・
あれびあヨッスィは幼稚園で電波的に惹かれあった仲で、ミッチョンヨッスィのお隣さん。ニカチョは、ミッチョンのピアノ仲間。
同じ学校に通いながら学校の品位と偏差値を下げる仲良し四バカなのです。

前置きはこんな程度で・・・おいおい学校のことも語るとしましょう。

四人ともゲームは好きですが、どうにもジャンルが違います。

あれびあ:ライトなジャパニーズRPG
ヨッスィ:ギャルゲー(;゚д゚)
ミッチョン:サイレントヒルとかアレ系
ニカチョ:格闘ゲーム

長い付き合いですが、未だにヨッスィのギャルゲー好きは理由がわかりません。本人すらわかりません。別にレ○ビアンというわけでもありませんし・・・変人ではありますがw

ある日の午後、ミッチョンがサイレントヒルにいそしんでいたとき・・・

ミッチョン「ふぅ・・・この看護婦は手ごわかったぜぇ・」

額の汗をぬぐうその背後にヨッスィの影。

ヨッスィ「ミッチョン、今日も殺戮してるね?」
ミッチョン「おうよ!この手ごわい看護婦をブチ倒したトコだぜぇ」
ヨッスィ「手ごわい看護婦かぁ・・・制服着てる人は大抵手ごわいよね」

まったくテーマが違っててかみ合ってないのに会話が弾む二人・・・さすがに置いてけぼりのあれびあ・・・困ったもんです。

ヨッスィ「ところでミッチョン」
ミッチョン「ん?」
ヨッスィ「手ごわい学級委員長を倒してみない?」
ミッチョン「看護婦以上か?」
ヨッスィ「看護婦なんて目じゃないね。」
ミッチョン「なんだと!倒してやるぜ!!ばっちこい!」
ヨッスィ「じゃあ、CDセットしてレッツプレイ!」
ミッチョン「ほぉオープニングは・・・っていきなりスタートさせるなよヨッスィ。」
ヨッスィ「いいのよこれで。」
ミッチョン「いいのか・・・ほう主人公の名前を入力するのか。」
ヨッスィ「そう、名前を設定するの。当然本名ね。」
ミッチョン「武器はなんだ?」
ヨッスィ「知恵と勇気とこぶしね。」
ミッチョン「素手なのか・・・」
ヨッスィ「じゃあ、あれびあとお茶でも飲んでるから、あとは一人で十分堪能してよね。」
あれびあ「じゃ、じゃあね(;゚д゚)」

とりあえず、ヨッスィ宅でくつろぎながら、二人でない知恵絞って宿題対策してたんです。

あれびあ「ねぇヨッスィ?」
ヨッスィ「なぁに?」
あれびあ「ミッチョンに渡したのって、あれギャルゲーよね?」
ヨッスィ「うん。」
あれびあ「あの子、気づいたらやらずに返してくるよきっと・・・」
ヨッスィ「そうなったらそれまでだけど、あの子バカだからきっと気づかず夢中になってやるわよ。」
あれびあ「そうね・・・。」
ヨッスィ「もしかしたら、明日あたり『いつ本題に入るんだ?』って聞いてくるかもねw」
あれびあ「的確な予想ね・・・その的確さで宿題も何とかしたいわね。」
ヨッスィ「そうね・・・ところでこの問いの答えはどれかしら?」
あれびあ「よくわかんないから、この聖なる鉛筆様に聞いてみようかしらね?」
ヨッスィ「あれびあさん、4択よ?」
あれびあ「大丈夫、中間テストも乗り切った鉛筆様よ。」
ヨッスィ「・・・悪いことは言わないから、もっと現実的に聖なる教科書様に聞いてみない?」

ボキッ!

あれびあ「最後の砦が真っ二つに・・・orz」
ヨッスィ「いいのよこれで・・・最初から神頼みはよくないわ。」
あれびあ「ショボーン(´・ω・`)」


それから一週間ほどたった日のこと。

ミッチョン「なぁ、あれびあ。」
あれびあ「ん?」
ミッチョン「オレの涙は枯れてなかったよ。」
あれびあ「そ、そう?」
ミッチョン「それはそうと家電ってすばらしいよな?」
あれびあ「そうね・・・すばらしいね。」
ミッチョンオレは家電を見捨てたりしないと誓った。」
あれびあ「はぁ?」
ミッチョン「オレはたとえ性能が悪くても、多少壊れたとしても、決して家電を見捨てたりしないと誓ったんだ。」
あれびあ「そ、そお・・・」
ミッチョン「きっと家電は恩返しをしてくれる。」
あれびあ「ヨッスィ!ニカチョ!!ミッチョンがおかしくなったよ・・・」
ニカチョ「今まで・・・まともだったか?」
あれびあ「それはそうだけど、今まで以上におかしいの!」
あれびあ「家電の恩返しってなによ?」
ニカチョ「リサイクルショップに売ればいくらかになるとか、その辺の話を高尚な比喩表現とかで語ってるだけじゃないのか?」
ミッチョン「おいヨッスィ。この東京タワーは家電のすばらしさを知らないようなんだ。」
20090423_02.jpg

ガスッ!

あれびあ「それは失礼だと思うの。」
ミッチョン「オーケーあれびあ。以後気をつけるので、パイプイスは危険だからやめてくれ。」
ヨッスィ「ミッチョン、そのことはあとでじっくり聞いてあげるから・・・今日もあれびあと宿題がんばらないといけないのが最重要項目よ。」
ニカチョ「こんなこともあろうかと、太宰府天満宮の御守を用意したから祈るといいよ。」
ヨッスィ「お前もいきなり神頼みなのか・・・」
あれびあ「そうね、平安時代の神様にラテン語のキリスト教論はキツいと思うわね。」
ヨッスィ「ほら、これ貸してあげるから二人とも家で攻略しててちょうだい・・・ちゃんと本名入れるのよ。」
あれびあ「またかw」

さらに一週間ほど過ぎたときのこと・・・

ミッチョン「おいエッフェル塔。」
20090423_01.jpg

ガスガスッ!!

あれびあ「いい加減怒るよ?」
ニカチョ「いつもバットを持ってるのか?」
ミッチョン「気を使って低くしたのにこの仕打ちは理不尽だと思わないか?」
ヨッスィ「そう思ったらよしなさいよ・・・それなりに気にしてるんだから。」
ミッチョン「そうだな・・・気をつけるよ。」
ヨッスィ「決してやめるとは言わないのね。」
あれびあ「で、何よ(-_-メ)」
ニカチョ「そうだ、オレ達は決めたよ。」
あれびあ「何を?」
ミッチョンオレは決してキツネは飼わねぇ。」
ニカチョ「キツネを飼って悲しい別れはしたくないからな。」
あれびあ「ヨッスィ・・・」
ヨッスィ「そうね、キツネはタブーね。」
あれびあ「・・・・・・・・」

この日、四人の好きなゲームのジャンルが変わりました。

あれびあ:ライトなジャパニーズRPG
ヨッスィギャルゲー
ミッチョンギャルゲー
ニカチョギャルゲー


私以外の三人に共通の話題が見つかりました。
なんかハブられた気がするんですが、不思議と悔しくありません。



ツヅk(゚Д゚)

※ このお話はそれなりにフィクションです。実在の人物、団体等とはほとんど関係ありません。
コメント(4) 

コメント 4

ちょろ

おい、テレビ塔!('Д')


それにしても…ホンモノのお嬢様なのね…。
by ちょろ (2009-04-23 19:14) 

あれびあ

◆ちょろりーぬ

ヨッスィはお嬢様ですが、他はどうだか・・・w
by あれびあ (2009-04-24 00:04) 

しゃけ

おい、ニュー東京タワー(゚Д゚)
フイテたらパーティーション越しに怒鳴られチャッタじゃないかっw


ツヅk(゚Д゚)←コレ見て
プソハッテン思い出す→アリガトウflash思い出す。
会社で爆笑したりシンミリしたり半寝したり今日は忙しいとです(゚Д゚)+

by しゃけ (2009-04-24 15:02) 

あれびあ

◆しゃけさん

いい度胸だ。金で解決してあげる。
よい子は、このネタで吹けませんヨ^^^^^^^^^^^
吹いた人は、なにかと見つめなおす必要があると思います。
by あれびあ (2009-04-24 16:52) 

コメントを書く

お名前:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。